キービジュアルってなに?意味やメインビジュアルとの違いを紹介!

公開日:2024/01/15  

?

WEB上で、さまざまな広告を目にするとき、最初に目に入る画像はその先を見るか見ないか判断する大きな材料といえます。本記事では、WEB上で一番初めに目に入るキービジュアルについて紹介します。意味やメインビジュアルとの違いに関しても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

キービジュアルとは?

キービジュアルと聞いても、いまいちピンとこない方も多いでしょう。

キービジュアルは、メインビジュアルと呼ばれることもあり、映画でいえば公式Webサイトや広告には必ず中心的な存在となる画像となるものです。キービジュアルについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

キービジュアルとは

キービジュアルは、映画やアニメなど一般的には画像コンテンツに多く用いられています。

現在は、WEB上でも多く用いられており、トップページや表紙にメインとなる画像として配置されています。一目で、何を意味するのか伝えたいイメージを表現するのがキービジュアルです。

WEB上のキービジュアルの役割

WEB上では、最初に現れる画面をキービジュアルと呼んでいます。

キービジュアルは目に入ったとき、印象がそのWebサイトの第一印象となる大切や役割を担っています。キービジュアルを見たときに、何を伝えたいのか、どのようなメッセージを伝えたいのか即座に認識できるかが大きなカギとなります。

キービジュアルで伝えられる主張

キービジュアルでは、主に製品やサービス・ブランドやコンテンツ作品のイメージ・自社に関して今伝えたいトピックスの3つを相手に伝えられます。

キービジュアルは、単純に目を引くデザインやロゴだけではなく、次のアクションを起こす大切な役割を担っています。たとえば、マーケティングにおいてキービジュアルで好印象を持ち、購入へのアクションにつながればキービジュアルは成功といえます。

キービジュアルの作成方法

キービジュアルを作成する場合、3つの大きなポイントを押さえて作成する必要があるでしょう。

大切な要素を含めて作成することで、相手に伝えたい思いが表現できるでしょう。キービジュアルの作成方法について紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

3つの大切なポイント

キービジュアルを作成する際、誰に・どのように・何を伝えるかが大切なポイントとなります。

これは、ビジネスなどの企画をする際、5W1Hを利用する場合と同じ考え方になります。ターゲットの年齢層やキャラクターなどを分析し、知りたくなるようなデザインを考えていくとよいでしょう。

一般的にはキービジュアルを頼む際は専門家へ

キービジュアルの作成をおこなう際、一般的には専門家へ頼むことが望ましいでしょう。

素人では、キービジュアルの作成が難しいのが現実です。どのようなコンテンツであっても、最初に目に入るキービジュアルだけは専門家へ頼み、他は自分で作成するのがよいでしょう。

自分で作成する場合は著作権に注意

自分で作成する場合は、Web用の写真・イラスト素材を加工して作成することも可能です。

ただし、使用する場合は素材の商用利用が認められているか必ず確認する必要があるでしょう。また、著作権に抵触しないかも十分注意して使用する必要があります。もし、オリジナルの画像作成が得意であれば、自分で作成した画像やデザインを用いるのが望ましいといえます。

キービジュアルの作成を依頼する場合

キービジュアルは、素人での作成が難しく一般的には専門家へ依頼するのが望ましいでしょう。

ただ、専門家へ頼むときもイメージを伝えて、どのように相手に伝えるのかがポイントとなります。キービジュアルの作成を依頼する場合の注意点について紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

配色の大切さ

キービジュアルを作成する際、配色は大きな要素となります

配色によって同じロゴやデザインであっても、持つイメージが大きく変わるでしょう。たとえば、赤色は情熱・強い意志、黄色は明るさ・活発さ・面白さというイメージがあります。専門家へ頼む際には、イメージを明確にしてからお願いするとよいでしょう。

印象を変化させたい場合

カラフルなカラーのキービジュアルは見る人の目を引きますが、印象を変化させる場合はモノクロ画像の中で強調したい部分だけにカラーを入れる方法もあります。

また、あえてなじみのない色同士を組み合わせて、相手にインパクトを与える方法もあるでしょう。

予算やスケジュールを打ち合わせる

専門家へキービジュアルの作成を依頼する場合は、詳細なヒアリングでメッセージ性やイメージを伝えます。

また、専門家へ依頼を頼む場合は、予算やスケジュールなど要望をしっかり反映してくれる会社を選ぶとよいでしょう。

まとめ

本記事では、キービジュアルってなに?意味やメインビジュアルとの違いを紹介しました。キービジュアルは、WEBコンテンツ上で重要な役割を担っているといえます。見る人に対してどのようなメッセージを伝えたいのか、どういった意図でキービジュアルの作成をおこなうのかが重要になるでしょう。また、もっと会社のホームページをよくしたい方は、専門家へキービジュアルの作成を依頼することが望ましいといえます。本記事がキービジュアルの作成をどうすべきか迷っている方の参考になれば幸いです。

 

おすすめのイラスト制作会社こちら

おすすめのイラスト制作会社一覧

Trys(トライス)の画像

名前

CREATIVE HOUSE POCKET(クリエイティブハウスポケット)

ポイント

自社制作で完結!高クオリティーのものづくりを柔軟に実現
公式サイトはこちら
G-angle(ジーアングル)の画像

名前

G-angle(ジーアングル)

ポイント

企画から制作に至るまで一貫対応を実現!顧客の希望を叶えるものづくり
公式サイトはこちら
Trys(トライス)の画像

名前

Trys(トライス)

ポイント

最先端のエンターテイメントを提供!質の高さにも定評あり
公式サイトはこちら
WHOMORの画像

名前

WHOMOR(フーモア)

ポイント

サービスにおける真の魅力を引き出す!細やかなこだわりが叶える品質
公式サイトはこちら
AQUASTARの画像

名前

AQUASTAR(アクアスター)

ポイント

対応力は広告業界最大級!ものづくりによる的確なブランディングも実現
公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

絵を描くことが好きなら、イラストレーターという職業に魅力を感じるかもしれません。しかし、どのようにしてその道を歩み始め、どんなスキルや道具が必要で、キャリアアップのために何が求められるのでし
続きを読む
グラフィックデザイナーとイラストレーターは、平面のメディアにおいて情報やメッセージを伝えるためのデザインを手掛ける職種です。しかし、両者は異なる職種であり、それぞれの専門分野があります。この
続きを読む
イラスト制作会社は美術的な専門知識と創造力を備え、優れたスキルを持っています。また、イラスト制作会社はスケジュールを守り、予算内でプロジェクトを遂行する経験が豊富です。2Dモーションの制作に
続きを読む