グラフィックデザイナーとイラストレーターの違いとは?

公開日:2024/05/15  

グラフィックデザイナーとイラストレーター

グラフィックデザイナーとイラストレーターは、平面のメディアにおいて情報やメッセージを伝えるためのデザインを手掛ける職種です。しかし、両者は異なる職種であり、それぞれの専門分野があります。この記事では、イラストレーターとグラフィックデザイナーの仕事の違いについて解説します。

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーは、視覚的なコンテンツを制作する専門家です。グラフィックデザイナーはクライアントやプロジェクトの要件に基づいて、ロゴ・広告・パンフレット・ウェブサイト・ポスターなどの視覚的なコンテンツをデザインします。

デザイン要素を組み合わせて、情報をわかりやすく、魅力的に伝えるためのデザインコンセプトを作る仕事です。デザインにはソフトウェアツール(Adobe Illustrator、Photoshop、InDesignなど)を使い、デジタルイラストレーションや画像編集を行います。

さらに、カラースキームやフォント、写真、グラフィック要素を選択し、調整してデザインの一貫性を確保します。また、グラフィックデザイナーは、デザインプロジェクトの進行も管理し、クライアントとのコミュニケーションを円滑に行うのも仕事のひとつです。

クライアントのフィードバックを受け入れ、修正や調整をします。このように、グラフィックデザイナーはクリエイティブな仕事に情熱を持つ人にとって、充実感のある職業です。ただし、デザインのトレンドや技術の進歩について、常に学び続ける必要があります。

イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの仕事は、さまざまなメディアやプロジェクトにおける、図や絵の制作です。アートやデザインのスキルを駆使して、クライアントやプロジェクトの要求に合ったイラストレーションを制作します。具体的には、まずスケッチや下絵から始めます。

次に、デジタルツールを使用したデジタルイラストの制作です。イラストが完成に近づくと、カラーリングやディテールを追加します。最後に、イラストの雰囲気やスタイルに合わせて色を選択し、仕上げを施します。イラストが完成したら、クライアントへの提出です。

この際、フォーマットや解像度に注意し、納品期限を守ることが大切です。さらに、クライアントからのフィードバックを受けて、必要に応じて修正を加えます。また、イラストレーターは過去の作品を整理し、ポートフォリオを作成、更新することが大切です。

ポートフォリオは新しい仕事を獲得する際に役立つからです。このように、イラストレーターは広告、出版、映画、ゲーム、ウェブデザインなど、さまざまな分野で活躍します。クリエイティブな能力と技術力が求められ、常に新しいアイデアを生み出し、トレンドに敏感であることが重要です。

イラストの依頼をするならどちらがおすすめ?

グラフィックデザイナーとイラストレーターの大きな違いは、総合的なデザインの取り組みの有無です。

グラフィックデザイナーは、イラストレーターが描いた絵を含め、総合的なデザインに携わります。一方、イラストレーターはイラストに特化した職業であり、自分が提供した絵をグラフィックデザイナーが加工するのが一般的です。

グラフィックデザイナーがおすすめの場合

グラフィックデザイナーは、ロゴやウェブサイトのほか、広告などのデザイン要素を一貫性のあるスタイルでまとめる仕事に適しています。

また、印刷の技術にくわしいため名刺・フライヤー・ポスターなどの印刷物のデザインを依頼する場合は、グラフィックデザイナーがおすすめです。

イラストレーターがおすすめの場合

特定のイメージやキャラクターを描きたい場合、イラストレーターがおすすめです。本や漫画、子供向けの本、ポスター、キャラクターデザインに適しています。また、壁画やアートプリント、Tシャツデザインのように、美術的な要素を重視する場合もイラストレーターに依頼しましょう。

このように、目的に応じて、グラフィックデザイナーとイラストレーターのどちらを選ぶかを検討することが大切です。依頼する際に、グラフィックデザイナーとイラストレーターの強みを考慮し、プロジェクトの成功に向けた最適な選択をしましょう。

まとめ

グラフィックデザイナーとイラストレーターは、それぞれ異なる仕事内容と得意分野を持つ、クリエイティブなプロフェッショナルです。グラフィックデザイナーはビジュアルコンセプトの構築やデザイン一貫性の維持に長けています。一方、イラストレーターは独自のアートスタイルでカスタムイラストを制作し、美術的な要素やアイデアの視覚的表現に秀でています。イラストの依頼をする際には、プロジェクトの目的を考慮することが重要です。依頼先の選択はプロジェクトの成功に影響を与えるため、慎重な検討が肝要です。

おすすめのイラスト制作会社こちら

おすすめのイラスト制作会社一覧

Trys(トライス)の画像

名前

CREATIVE HOUSE POCKET(クリエイティブハウスポケット)

ポイント

自社制作で完結!高クオリティーのものづくりを柔軟に実現
公式サイトはこちら
G-angle(ジーアングル)の画像

名前

G-angle(ジーアングル)

ポイント

企画から制作に至るまで一貫対応を実現!顧客の希望を叶えるものづくり
公式サイトはこちら
Trys(トライス)の画像

名前

Trys(トライス)

ポイント

最先端のエンターテイメントを提供!質の高さにも定評あり
公式サイトはこちら
WHOMORの画像

名前

WHOMOR(フーモア)

ポイント

サービスにおける真の魅力を引き出す!細やかなこだわりが叶える品質
公式サイトはこちら
AQUASTARの画像

名前

AQUASTAR(アクアスター)

ポイント

対応力は広告業界最大級!ものづくりによる的確なブランディングも実現
公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

グラフィックデザイナーとイラストレーターは、平面のメディアにおいて情報やメッセージを伝えるためのデザインを手掛ける職種です。しかし、両者は異なる職種であり、それぞれの専門分野があります。この
続きを読む
イラスト制作会社は美術的な専門知識と創造力を備え、優れたスキルを持っています。また、イラスト制作会社はスケジュールを守り、予算内でプロジェクトを遂行する経験が豊富です。2Dモーションの制作に
続きを読む
キャラクターデザインは、ゲームの成功において重要な要素のひとつです。プレイヤーに魅力的なキャラクターを提供することで、ゲームの魅力も高めます。イラスト制作会社では、顧客の要望に合わせたオリジ
続きを読む